Dynamics 365とOutlook の連携させ、取引先企業とのやり取りをタイムラインで表示させる

2020.10.10

Dynamics 365とOutlook の連携させ、取引先企業とのやり取りをタイムラインで表示させる

Dynamics 365 App for Outlook を追加することで、Outlook で受信したメールを Dynamics 365 (Online) に取り込むことができます。

この機能を利用して、Dynamics 365 (Online) にメールを取り込み、関連する取引先企業レコードのタイムラインに表示することができます。

Dynamics 365 App for Outlook の追加方法

1. Dynamics 365 (Online) にサインインします。

2. 画面右上の [歯車] マークから [詳細設定] をクリックします。

3. [Dynamics 365 App for Outlook] をクリックします。

4. 画面下部にある [利用資格があるすべてのユーザー] 一覧から、該当ユーザーにチェックを付けます。

5. [OUTLOOK へのアプリの追加] ボタンをクリックします。

6. 該当ユーザーの状態が [保留] となり、しばらく経つと Outlook に Dynamics 365 App for Outlook が追加されます。

 ※ 追加まで時間がかかる場合があります。

Dynamics 365 App for Outlook が追加されますと、Outlook 上のメールで […] をクリックした際に、[Dynamics 365] ボタンが表示されます。

取引先企業のタイムラインに表示する方法

1. Outlook から 取引先企業レコードに登録されている [電子メール] 宛にメール送信します。

2. 送信したメールの […] から、[Dynamics 365] をクリックします。

3. Dynamics 365 ウィンドウが開きますので、[…] – [関連を設定せずに追跡] の順にクリックします。

4. [追跡中] と表示され、Dynamics 365 (Online) にメールが取り込まれます。

5. [Field Service] アプリから、該当の取引先企業レコードを開きます。

6. タイムライン上に、Outlook で [追跡] をしたメールが表示されます。

7. 送信したメールに対して取引先企業から返信があった場合、Outlook 側で受信後、しばらく経ちますと自動的に [追跡] され、Dynamics 365 (Online) にメールが取り込まれます。

<メールの追跡設定について>

利用ユーザー様の [個人オプションの設定] によって、どのメールを追跡するか設定することができます。

既定では [Dynamics 365 電子メールに対する返信の電子メール メッセージ] が設定されています。

・画面右上の [歯車] マークから [個人設定] を開き、[電子メール] タブから確認可能です。

メールを受信したら自動でリードや取引先担当者のレコード追加をすることもできます。