PowerAppsで日報アプリを作成

2020.10.23

PowerAppsで日報アプリを作成

現場に出勤した社員がモバイルから日報とサインで報告するアプリをPowerAppsで簡単に作成します。管理者はDyanamics365側で確認します。
*勤怠データはCDS(CommonDataService)へ格納します。

対象者は

・標準であるFieldservice Mobileアプリでは足りない項目がある
・Dynamics365での勤怠項目を追加したい
*FieldserviceMobile(Xamarin)についてはこちらから

やること

・CommoDataSevrviceで日報フィールドと署名フィールドを追加

・PowerAppsでアプリ作成

CommonDataServiceでフィールド作成

PowerAppsで「エンティティ」から「フィールドの追加」をクリック

フィールドプロパティを追加
・表示名を「日報」(任意)
・名前を「dailyreport」(任意)
・データ型を「テキスト」

フィールドプロパティを追加
・表示名を「署名」(任意)
・名前を「signature」(任意)
・データ型を「イメージ」

Dynamics365Fieldservice上でフィールドが作成されていることが確認できます。

PowerAppsでアプリ作成

「挿入」→「ボタン」をクリックしてキャンバスにボタンを配置します。

「データ」→「MobileAudit」を選択してデータ接続をします。

「挿入」→「テキスト」→「ペン入力」で署名入力画面をキャンバスに配置します。同様に「テキスト入力」を選択して日報入力画面をキャンバスに配置します。

先程配置したボタンを退勤と記載を変更しました。事前にCommonDataServiceで作成したフィールドへ格納されるように関数を入力します。

実際にアプリが動くか検証します。日報フィールドへ文書を入力し、署名フィールドへサインし、「退勤」ボタンを押します。

Dynamics365で確認をすると日報フィールド、署名フィールドへアプリ上で入力した内容が格納されています。