モバイルアプリの比較

Dynamics 365 Field Service で使用できるモバイルアプリは 3つあります。*ここではPowerAppsを除いた2つを比較します。

Power Platform 上に構築された、Field Service (Dynamics 365)

Xamarin プラットフォーム上に構築された Field Service Mobile。

Power Apps で作成したアプリ

powerappとXamarinの比較

機能カテゴリpowerappXamarin詳細
プラットフォームiOS, AndroidiOS, Android, Windows
カメラ キャプチャ (写真 + ビデオ)技術者有効有効
バーコードのスキャン技術者有効有効
オフライン データ技術者有効有効
カレンダー ビュー技術者有効有効
ドライブ案内技術者有効有効
Speech to text技術者有効有効
ジオコーディング技術者有効有効
MicrosoftIntune統合有効有効
時間入力技術者有効有効
Connected Field Service と IoT の通知技術者有効有効
検査技術者有効有効Field Service 技術者は、作業指示書に関連する検査を見つけてキャプチャできます。
RemoteAssist統合有効有効統合された Remote Assist を使用して、リモートの共同編集者からヘルプへアクセスします。
プッシュ通知技術者2020 年リリース ウェーブ 2有効新規予約の予定などのユーザー通知。
ジオフェンス技術者2020 年リリース ウェーブ 2有効技術者が場所に到着または退出するときに予約ステータスを自動設定する機能。
レポート技術者2020 年リリース ウェーブ 2有効顧客サービスレポートと署名、PDF をメールで送信するオプション。
資産検索する為のスキャン技術者2020 年リリース ウェーブ 2有効
位置情報の共有と監査管理2020 年リリース ウェーブ 2有効バック オフィスとのリアルタイム共有する技術者の場所。
拡張型オフライン同期フィルター管理2020 年リリース ウェーブ 2有効オフラインで利用可能なデータをカスタマイズします (場所、スケジュールされた予約のアカウントなど)。
既定ではオフライン技術者2020 年リリース ウェーブ 2有効アプリは規定ではオフラインになっているので、いつでも利用できます。
技術者がデータの同期を強制できるようにする技術者2020 年リリース ウェーブ 2有効技術者は手動でデータ同期を強要できます。
ユーザーの一括追加管理2020 年リリース ウェーブ 2有効オフライン データ同期プロファイルをユーザーにすばやく割り当てます。
サービス タスクのチェックリスト技術者2020 年リリース ウェーブ 2有効リストをチェックして、タスクを完了としてすばやくマークします。

IT導入補助金2020WVD構築

IT導入補助金の活用事例

WindowsVirtualDesktopを導入したケース

  • ■PC紛失時にリモートでデータ削除がしたい
  • ■テレワークPCを手軽に管理したい
  • ■個人所有スマホを安全に業務で利用したい
  • ■PCの初期セットアップを専用テンプレートで簡単にしたい
  • ■多要素認証を使いたい
  • ■USBを禁止したい
  • ■会社で許可したPCのみアクセス可能

初期導入費用

項目単価数量価格
クラウド構築費(EMS)¥4,000100台¥400,000
初期インストール費(Azure joined)¥4,000100台¥400,000
操作・利用指導費¥6,2502時間¥12,500
合計¥812,500

作業費用の単価

難易度人時人日人月
技術ランクA¥6,250¥50,000
¥1,000,000
技術ランクB¥4,375¥35,000¥700,000
カスタマイズで構築する場合は技術ランクA (カスタマイズ)
当社ライブラリでの構築の場合は技術ランクB(標準)

月額費用

項目単価数量価格
Enterprise Mobility + Security(EMS)¥950100台¥95,000
月額費用合計¥95,000
年額費用合計¥1,140,000

初年度合計 1,952,500

IT導入補助金を利用すると3/4の1,464,375が補助されます。

ご利用できるサービス一覧

IT導入補助金は、ITツールとして事前に登録されているサービスしかご利用いただくことができません。弊社で登録済みのサービスは下記の通りです。

PowerAppsで日報アプリを作成

現場に出勤した社員がモバイルから日報とサインで報告するアプリをPowerAppsで簡単に作成します。管理者はDyanamics365側で確認します。
*勤怠データはCDS(CommonDataService)へ格納します。

対象者は

・標準であるFieldservice Mobileアプリでは足りない項目がある
・Dynamics365での勤怠項目を追加したい
*FieldserviceMobile(Xamarin)についてはこちらから

やること

・CommoDataSevrviceで日報フィールドと署名フィールドを追加

・PowerAppsでアプリ作成

CommonDataServiceでフィールド作成

PowerAppsで「エンティティ」から「フィールドの追加」をクリック

フィールドプロパティを追加
・表示名を「日報」(任意)
・名前を「dailyreport」(任意)
・データ型を「テキスト」

フィールドプロパティを追加
・表示名を「署名」(任意)
・名前を「signature」(任意)
・データ型を「イメージ」

Dynamics365Fieldservice上でフィールドが作成されていることが確認できます。

PowerAppsでアプリ作成

「挿入」→「ボタン」をクリックしてキャンバスにボタンを配置します。

「データ」→「MobileAudit」を選択してデータ接続をします。

「挿入」→「テキスト」→「ペン入力」で署名入力画面をキャンバスに配置します。同様に「テキスト入力」を選択して日報入力画面をキャンバスに配置します。

先程配置したボタンを退勤と記載を変更しました。事前にCommonDataServiceで作成したフィールドへ格納されるように関数を入力します。

実際にアプリが動くか検証します。日報フィールドへ文書を入力し、署名フィールドへサインし、「退勤」ボタンを押します。

Dynamics365で確認をすると日報フィールド、署名フィールドへアプリ上で入力した内容が格納されています。