Windows Virtual Desktop (WVD)

Windows Virtual Desktop (WVD)

Windows Virtual Desktop (WVD)は仮想化されたデスクトップ環境をクラウドで提供するMicrosoft Azureのサービスです。VDI(VirtualDesktopInfrastructure)は、社員が使用するPC(クライアントPC)の機能は必要最小限にとどめ、アプリケーションや業務データを仮想サーバー上に集約し、処理を行う仕組みのことをいいます。クライアントPCの数だけ仮想マシン(OS・アプリケーション・データ領域から構成)を整え、仮想マシンが処理を行うことによって、クライアントは通信・操作だけを集中して実行できます。

管理の比較

クラウド型VDI(WVD)オンプレミス型VDI
データお客様管理お客様管理
アプリケーションお客様管理お客様管理
OSお客様管理お客様管理
VDI管理製品Microsoftがサービスとして提供お客様管理
ハイパーバイザーMicrosoftがサービスとして提供お客様管理
ネットワーク機器Microsoftがサービスとして提供お客様管理
サーバ機器Microsoftがサービスとして提供お客様管理
ストレージ機器Microsoftがサービスとして提供お客様管理
データセンター設備Microsoftがサービスとして提供お客様管理

VDIの比較

WVD
(Windows Virtual Desktop)
VDI
(Virtual Desktop Infrastructure)
SBC
(Server Based Computing)
集約率Client OS
コスト
OSClient OSClient OSServer OS
アプリ互換性
マルチセッション可能
*Windows10MultiSessionが利用できるのはWVDのみです。
*WVDはVDIのように1対1やSBCのように1対Nのどちらの構成も利用可能です。

WVDがサポートしているOS

Windows 10 Enterprise マルチセッション
Windows 10 Enterprise シングルセッション
Windows 7 シングルセッション
Windows Server 2019
Windows Server 2016
Windows Server 2012 R2

*Windows7の一時的な延命処置としてWVDが必要な場合はご相談ください。

WVDに必要なライセンス

Microsoft 365 E3, E5

  • Microsoft 365 A3, A5, Student Use Benefits (教育機関のみ)
  • Windows 10 Enterprise E3, E5
  • Windows 10 Education A3, A5 (教育機関のみ)
  • Windows 10 VDA per user

    *Windows Server* 2012 R2, 2016, 2019 を稼働する場合
    ソフトウェア アシュアランス付きのRDS クライアント アクセス ライセンス (CAL)

料金のイメージ

WVDの仮想マシンだけでは運用は難しい為、周辺のサーバやストレージも計算に入れる必要があります。既にAzureを利用していてVPNやADConnectを使っている、Windows10Enterpriseのライセンスを保有している場合は削減の余地があります。

Azure IaaS
1 Active Directory Domain Service
2 AzureAD Connect VM  (AzureADと同期)
3 VPN Gateway(オンプレミスとVPN)
4 Blob Storage(Profile保存)
5 Windows Virtual Desktop
6 Windows10E3

Microsoft 365 Business

合計ユーザー数100200500
Active Directory Domain Service¥14,593¥14,593¥14,593
AzureAD Connect VM¥14,593¥14,593¥14,593
VPN Gateway¥16,811¥16,811¥16,811
Blob Storage¥2,356¥4,596¥11,316
WVD VM¥68,113¥120,993¥258,273
License (Windows 10)¥76,000¥152,000¥380,000
Azure Support Std¥11,200¥11,200¥11,200
合計(月額)¥203,669¥334,788¥706,788
1ユーザー(月額)¥2,036¥1,673¥1,413
*小数点は切り捨てています。
試算の前提
• 東日本リージョンを使用
• 基本的な稼働時間は月間220時間 (11時間 x 20日) 例えば 平日 8:00~19:00 (11時間)
• 稼働時間内に同時に90%のユーザーが接続する
• 稼働時間外に同時に5%のユーザーが接続する
• Multi-Session を使用する
• 1.ADDS VM, 2.AD Connect VM は 3年 RI, 5. WVD は従量課金
• 1人あたりの Profile 領域は 10GB
• License は Windows 10 Enterprise E3 peruser (MOSP)
• VPN は VPN Gw1 + 100GB 転送料


※電源管理の仕組みは別途実装が必要。月間稼働 220時間の場合、3年予約 (Reserved Instance)
の方が上記より安くなるケースもあります。

Windows Virtual Desktopの特徴

マルチセッションが活用可能
複数のクライアントPCから同時にホストの仮想マシンにアクセスして、対話型のセッションを利用できる機能です。

Office 365 ProPlus対応可能
Office 365 ProPlusを仮想化およびマルチユーザーに対応。

構築期間やコストの削減が可能
従来は多くの時間を必要としたVDI開発が不要となります。その為、開発コストの削減が可能となります。

多要素認証やIP制限等の高いセキュリティ
前提としてクライアントPCにデータがないという点が安全です。加えて多要素認証やAzure DDos Protectionやインターネット分離といったAzureならではの環境が整っています。