Dynamics365 Business Central

Dynamics365 Business Central

Dynamics365Business Centralの特徴

Dynamics 365 Business Central(ダイナミクス365ビジネスセントラル) は、中堅中小企業の主要なビジネス ニーズに対応するソリューションであり、財務、営業、購買、在庫、プロジェクト、サービス、運用といった各部門の連携構築を支援します。

IT補助金活用事例



原価管理システムを導入したい(Dynamics 365 Business Central Essential)

営業案件管理

営業案件を追跡したり、営業を段階に分けたりと、この情報を使用して営業案件を管理したりすることができます。 

営業案件
営業パイプライン

Business Centralで実現できること 

  • クラウドで作業ができる 
  • 最新の正確なデータや情報に基づいた判断 ができる
  • 入力されたデータを即座に任意のデバイスで利用できる 
  • 会社全体の主要なユーザーと簡単にデータ共有できる 
  • 可視化し、営業プロセスをより細かく管理できる
  • リアルタイムのデータを通じた予算管理、プロジェクトの進捗状況の監視により、営業案件の獲得機会を最大限に高め、顧客対応を強化できる 
  • 決算および財務レポートを正確かつ迅速に行うことができる 
  • 製造、工程管理を合理化することで、予定どおりに納品し、無駄なコスト削減ができる 
  • 給与処理、銀行決済、CRM、その他の業界固有のシステムなど、Microsoft AppSource を通じてサード パーティ アプリケーションと連携し、事業の運用を効率化できる 
  • 高度なセキュリティ システムと設定を使用して、承認されていないアクセスから大量の情報を保護できる
  • Microsoft 365 などの他の Microsoft クラウド サービスと統合できる 

機能の拡張

AppSource 

 AppSource を通じて、すぐに使用できるアプリが多数公開されています。 

AppSource

Microsoft だけでなく、他の会社から提供される拡張機能もあります。  

Power Apps 

カメラ、GPS、などのデバイス機能を利用し業務に合わせてカスタマイズされたアプリを構築することができます。 且つコードを 1 行も記述せずに作成することができます。  

Power Automate 

すぐに利用できる 200 以上のサービスに接続する自動化されたワークフローが用意されています。 独自に作成することも可能です。 

ライセンス費用

ライセンス名価格
Dynamics 365 Business Central Essentials¥7,610/1ユーザー
Dynamics 365 Business Central Team Members¥870/1ユーザー

Team Membersとは

Dynamics 365 Business Central Team Membersは以下を実行できます。

1 Business Central 内のすべてのデータの閲覧
2 Business Central の既存のデータとエントリの更新: 既存のデータは、既に作成されている顧客、仕入先、品目レコードなどのレコードを指します。また、エントリは、会計の観点から特定の情報 (顧客元帳エントリの期日など) を更新することが特別に許可されているエントリを指します。
3 ユーザーに割り当てられているすべてのワークフロー内のタスクの承認または却下
4 見積もりの作成、編集、削除
5 個人情報の作成、編集、削除
6 ジョブのタイム シートへの入力
7 Dynamics 365 ライセンスにおける Power Apps/Power Automate の使用権の使用
8 Team Members アプリケーション モジュールは、最大 15 の追加エンティティ (カスタム エンティティまたは標準の Common Data Service エンティティ) でカスタマイズ可能で、事前に許可されたアプリケーション シナリオの Team Members ライセンスで使用できる

作業費用

導入コンサルティング、導入設定、マニュアル作成、導入研修、保守、運用、サポート

難易度人時人日人月
技術ランクA¥6,250¥50,000¥1,000,000
技術ランクB       ¥7,500¥60,000¥1,200,000
当社ライブラリでの構築の場合は技術ランクA
カスタマイズで構築する場合は技術ランクB