SharePoint online

SharepointOnlineの挙動について

 Q.同期が停止していた期間に同期フォルダー内のファイルを削除や追加した際にどのような動作になるのか??​

前提として同期の停止は下記の2つを指します
・OneDrive 同期クライアントの [その他] – [設定] – [アカウント] で [この PC のリンク解除] で同期を停止している場合​
・OneDrive 同期クライアントの [その他] – [設定] – [アカウント] で [同期の停止] で同期を停止している場合​
※ OneDrive 同期クライアントの [その他] の [OneDrive を閉じる] は完全に停止しているわけではなく、動作を保留状態です​

パターン1
自動的にPC側から SharePoint 側にファイルがアップロードされる場合 (ファイルの競合が発生していない)​

OneDrive 同期クライアントで同期を停止中に同期フォルダーにアイテムを追加し、同期再開時に追加したアイテムと同名のファイルが SharePoint 側になければ競合が発生しないため、エラーも表示されずに、自動的に SharePoint 側にアップロードされます。​

​また、OneDrive 同期クライアントにて同期を停止中に同期フォルダー内のアイテムを削除した場合は、同期再開時に SharePoint 側の同名ファイルが削除されることはありません。​

PC側の同期フォルダー内に存在しないファイルを SharePoint から同期フォルダーにダウンロードされる動作となります。​

パターン2
自動的にPC側から SharePoint 側にファイルがアップロードされない場合 ( ファイルの競合が 発生している)​

OneDrive 同期クライアントにて同期を停止中に同期フォルダー内にアイテムを追加もしくは編集し、同期再開時に追加 / 編集したアイテムと同名のファイルが SharePoint 側にある場合は、OneDrive 同期クライアントに [OneDrive に 〇件の同期の問題があります。] とエラー メッセージが表示されます。​

OneDrive 同期クライアントにて該当のエラー メッセージが表示されているファイルをクリックすると、選択画面が表示されます。

・OneDrive で開いて変更をマージする。​
・両方のファイルを保持する。​
・両方のファイルのすべての競合を保持する。

Sharepoint Online の同期がうまくいかないときに試す方法

OneDrive 同期クライアント のトラブル シューティング

<概要>

事前準備 : Windows Update の実施

1. データの退避

2. OneDrive 同期クライアントのリセット

3. OneDrive 同期クライアントのリンク解除

4. OneDrive 同期クライアントの再セットアップ

1. データの退避

以降の手順を実施する前に、Windows エクスプローラーの同期フォルダーを一旦削除して再度作成します。
クラウド上のアイテムと差異がある場合には、念のためバックアップとして同期フォルダーごと他の場所へコピーしてください。
バックアップが完了したら、同期フォルダーをフォルダーごと削除します。
*OneDrive for Business 以外の同期アプリケーション (Dropbox、Google Drive など) や常駐アプリを利用の場合はすべて停止します。

2. OneDrive 同期クライアントのリセット

1) Windows キーを押しながら R キーを押します。
2) [ファイル名を指定して実行] ウィンドウに、「%localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe /reset」と入力します。
3) [OK] をクリックします。
4) タスク バーから OneDrive のアイコンが消え、1 ~ 2 分後に再び表示されることを確認します。
5) 数分経っても OneDrive アイコンが再度表示されない場合は、[ファイル名を指定して実行] ウィンドウをもう一度開いて、「%localappdata%\Microsoft\OneDrive\onedrive.exe」 と入力し、[OK] をクリックします。
6) 同期が完了後、対象ファイルが開けるか確認してください。

3. OneDrive 同期クライアントのリンク解除
OneDrive.exe の同期を停止するには、サインイン情報のリンクを解除した上で停止してください。

1) 画面右下のタスク バーの OneDrive アイコンを右クリックし、[設定] を選択します。
2) [アカウント] タブを開き、[この PC のリンク解除] をクリックします。同期が停止され、サインイン画面が表示されます。
3) サインイン画面を [×] で閉じます。

4. OneDrive 同期クライアントの再セットアップ

コンピューターに保存されている OneDrive 同期クライアントのログを削除し、再セットアップする方法です。
※ 事前にコントロール パネルから “Microsoft OneDrive” を削除し、PC を再起動します。
1) Windows キーと R キー を押下し、ファイル名を指定して実行を開きます。
2) %localappdata%\Microsoft\onedrive\setup\ を入力し、[OK] をクリックします。
3) 開いた画面内の “logs” フォルダーの名前を、”logs_old” など、任意の名前に変更します。
4) “logs” フォルダーを削除します。
5) “https://aka.ms/installodb” にアクセスし、最新バージョンの同期クライアントをインストールします。
6) インストール完了後、表示されるサインイン画面から Office 365 アカウントとパスワードを入力します。
7) 画面に従って再度設定し、同期ができるか確認します。

企業データを私物モバイルへ保存禁止

IT導入補助金2020でIntuneを導入する方法

想定されるケース

・個人用スマホを業務に利用するケース(BYOD)

・会社支給の業務用スマホ

できること

個人用スマホでOutlook、Onedrive、Sharepoint等の利用をする際に、個人用スマホ内にPDF、Excel等の業務データを保存できない様にする(閲覧、編集は可能)

個人用スマホでOutlook、Onedrive、Sharepoint、Excel等のOfficeは許可されているが、スマホにダウンロードすると下図の様になります。

データ保存禁止、個人用メールアドレスの追加禁止、スクリーンショット禁止や、テキストのコピー禁止も可能

所有権が個人か企業が選択できます。今回はBYODを想定しているので所有権は個人となります。

会社が確認できない情報

・通話とWebの履歴
・メールとテキストメッセージ
・連絡先と予定表
・パスワード
・写真

会社が確認できる情報

・モデルおよびシリアル番号
・オペレーティングシステム
・アプリ名
・所有者とデバイス名
・会社用デバイスの電話番号
・紛失した会社用デバイスの場所