SalesForceとのシングルサインオン

2021.04.25

新しいアプリケーションを選択

Salesforceを選択

シングルサインオン→SAMLを選択

基本的なSAML構成を編集

識別子、応答URL、サインオンURLへSalesForceのサインインURLを入力

証明書(未加工)をダウンロード

SalesForce側の設定に移ります

名前 任意
発行者 AzureAD識別子(下図参照)
IDプロバイダの証明書
アサーション複合化証明書 アサーション複合化なし
SAML ID種別 アサーションにはユーザオブジェクトの統合IDが含まれます
IDプロバイダのログインURL ログインURL(下図参照)
カスタムログアウトURL   ログアウトURL(下図参照)

シングルサインオン情報へマイクロソフトアカウント(メールアドレス)を入力

SalesForceへサインインする際にAzureADssoが表示されます

AzureADssoを選択するとマイクロソフトアカウントが表示されます

SalesForceへサインインができます

これでシングルサインオンが完了しました。